忍者ブログ

堅い話は抜きにして…ま、力を抜いてノンビリしようじゃないか
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.19.20:01

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/19/20:01

06.14.16:11

叶わなかった夢


小学生ぐらいの自分の後ろからそっと腕が伸びて来て…振り返ったら、それは母さんの腕だった。

そのまま母さんは何も言わずに小さい自分を抱き締めて……きっと俺は泣いてたんだろうな、目を覚ましたら泣いてた。





布団の暖かさとは違う暖かさが確かにその時はあって、懐かしくて、悲しくて、嬉しくて、虚しくて。

だって、これは思い出じゃなくて願いだって気付いたから。
一番、甘えたかった時期に甘えられなかった。

幾ら願ったって時間は戻らない。だから、これはもう二度と叶わない願い。

10年間、胸の中のずっと奥にしまったままにしてた願いだったから。
その間にいつの間にか鋭く尖って自分を突き刺して、傷つけてた。

甘えたい願いも。
助けを求める叫びも。
全部、押し殺してた。

一番苦しかっただろう母さんに、必死に戦ってた兄貴達に、「俺」っていう新しい心配や負担をかけたくなかった。


でもやっぱり、ずっと隠してた本音に気づいたら黙っていられないよ。

何処にも居場所が無かった時、夢の中のように抱き締めて欲しかった。

一言でいい。
「頑張ったね」

って、言って欲しかった。


もう20歳に、大人なった俺だから。
多分、小学生、中学生の頃のように甘える事はできないと思うから…優しかった夢と一緒に、この気持ちはまたしまっておく。

―ー少しだけ、息をするのが軽くなった気がするな。



PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら