忍者ブログ

堅い話は抜きにして…ま、力を抜いてノンビリしようじゃないか
03 2018/041 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 05

04.21.03:31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 04/21/03:31

08.09.11:19

ほんじつのきゃー!(…

昨日の夜、自分の部屋に仕掛けた○○○○ホイホイに早速何匹か捕まってて朝から心が折れた;
まさか、俺の部屋が巣だったと言うのか――!?(…


甲子園が始まりましたね!
俺は地元の代表である九州国際大学付属、略して『九国』を応援します。自分が出た高校もかなりいい所まで行ってたんだけどなー…この学校に負けたんだけど;

でも常総に勝ったのはビックリでした!
茨城の名門だぜ…行くとこまで行って欲しいな。西短(西日本短大付属)以来になる福岡に優勝旗を!


さて…話は変わって今日は長崎原爆の日。
それに少し関連して、かなりショックなニュースが…




集団的自衛権とか、武器輸出に関して見直そうって話が上がってるらしいけど…正直、ふざけんなと思う。憲法9条で決まってるからとか、そんな事ではなくて――また繰り返すのか、と。一番はそれで。
64年前の事忘れてやしないだろうか、核保有に関する見直しまでも上がってるんだから本気で思う。日米同盟の強化だとか、結局はアメリカの戦争に巻き込まれるのを容認するって事じゃないか。

武器輸出なんか特に。
軍需産業で考えたら日本の技術力なら、多分すぐに世界でもトップクラスの国になると思う。
だからこそ、戦争をビジネスにしてしまいそうで嫌なんだ。 怖いんだ。

――何より、気分が悪いんだ。
世界の戦争や紛争…もしかしたらテロにまで、日本製の兵器が使われるって事が。変な事言ってるかもしれないけど…


午前11時02分

日本で、何人の人が黙祷を捧げたのだろう。
PR

あくまで私の意見ですが

ええ、あくまで私個人の意見です。
まず私の基本立場を明確にすると、『集団的自衛権は柵を抜きにすると要らない』『核の保有に賛成』『武器輸出にはやや反対』といったところです。
今回は3つに分けて、意見を表明したいと思います。

・集団的自衛権
集団的自衛権は国連の憲章で定められているため、アメリカの同盟国として守らないと国際社会での印象が悪くなります(日本のキモはあの国に握られているようなものですからね・・・だからあの国の機嫌を損ねるのはマズいのです)。
個人的には祖国が守られればそれで良いので、私は集団的自衛権は欲しいと思わない。
ユータさんの仰るとおり、日本と直接関係の無い戦争に巻き込まれることになりますから。
ただ、これは柵を抜いた時の話で、実際はこんな感情だけでは抜け出せません。

・核保有
今、オバマ大統領が『核を廃絶する』と主張したことから、日本でも大きな関心を寄せているようです。
ですが、私はそんなことは不可能だと断言できます。
人間は愚かです。核という、一発で都市を丸ごと一つ壊滅させることのできる“効率的な”兵器を廃絶できるわけがない。
何しろ、持っている相手の中にロシア、中国、そして北朝鮮が入っていますから。
仮に廃絶できたと報じられても、一体何発が隠されているか判らない、しかも設計方法などの知識が残っては意味が無い。
核を阻止できるのは同じ核だけ、“使われるのが怖いから使わない”という抑止力こそが平和を保つ。
だから、私は日本が核を持つべきだと主張しています。
第二の広島、長崎を生み出さないためです。
被爆国だからこそ、二度と被爆をしない“具体策”を立てねばならないと。

・武器輸出
日本が武器を輸出しないことにはメリットもありますが、同時にそれがデメリットも生み出しています。
我が国の武器テクノロジーはご存知の通り非常に優秀で、陸上自衛隊の88式地対艦誘導弾や、航空自衛隊のAAM-4空対空ミサイルなどがその能力を実証しています。
勿論、ユータさんのように『日本の兵器が海外での戦争に使われるのは嫌だ』という人も居るので、それに対する配慮も少しはあるかもしれません。
が、先述したようにこれにも柵というものがありまして、国防というのはそのような人間の感情で左右できるほど甘くないのも事実です。
最も懸念すべきことは別にあります。
それは“日本のハイテク兵器が世界に出回れば、それだけ日本の敵国に情報が渡る可能性が高くなる”ということ。
私は人間の心としてではなく、こういう“戦争を誘発する可能性”を考えて武器輸出に反対しています。
ですが、この武器輸出禁止・・・デメリットも多いです。
武器を輸出できないため、兵器一つ一つの価格がバカみたいに高くなってしまうんですよ。
これにより日本は全国的に優れた兵器を配備することができず(北朝鮮の弾道ミサイル迎撃に使われたパトリオットが良い例)、防衛の面で不十分な面が出てきています。



この3つ、離れているようでかなり近い位置にあるものです。
アメリカの戦争に巻き込まれないようにするにはどうすれば良いか、防衛について単純に考えるなら『アメリカに助けられなくても十分応戦できるような、十分な兵力を持っておくこと』です。
で、そのためには『武器輸出をせずに高額な兵器を配備する=年々減っている防衛予算を増やすこと』が重要。
通常兵器とは異なる、北朝鮮などの核という新しい脅威に対処するためには、アメリカの助けを得る以外には抑止力としての核を持つしかない。
二度と罪無き人を大勢死なせないためにも、抑止力で平和を保つべきです、これまで通り。
信頼して武器を放り出すなど、私は相手がどの国であれ、そんなことできませんよ。



平和を保つというのは、言葉で言うほど簡単ではありません。
その平和でさえ、犠牲の上に成り立っているものですから。
もっと良い具体策があれば良いのですが。

  • 2009年08月10日月
  • 大使
  • 編集

無題


>大使さん

アメリカの日本の関係は切っても切れない…頭では分かってる筈なのに。武器輸出も集団的自衛権も、こう言う話になると情勢やらは無視して感情で話してしまって。大使さんみたいに広い視野で見る言葉は難しいです。必要なのに…思いっきり主観的な考えしか喋れないってのが。それ以前に知識不足なんですが;←

原爆の頃とは違い今では幾つもの国々が核を持つようになって…核のような兵器を保有する目的となると、やはり抑止、牽制。そういう事なんだと思います。…もし、その均衡が壊れたら、もしも何処かが撃ったら…保有する国はもう躊躇わないと思う。そうなったら本当に世界は終わってしまう。
…うん、指先で何万の命を奪う事が出来る時代なんですよね…それは皆分かってると思うんです。その中でも、世界で唯一の被爆国である日本にしか出来ない事ってのが絶対にある。具体的には何かは分からないけど…無責任だけど、あるって俺は信じたいです。

  • 2009年08月10日月
  • ユータ
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら