忍者ブログ

堅い話は抜きにして…ま、力を抜いてノンビリしようじゃないか
11 2018/12 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 01

12.13.17:42

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/13/17:42

08.26.20:28

儚いよね


昨晩、家で飼っていた犬が亡くなりました。





細かく言うと、高校生の時に家の建て替えでがペット禁止になってから兄が引き取ってくれていた犬なんですけど……かなり弱っていたらしく、兄は安楽死を選んだそうです。

電話越しに泣きながら何度も「お前に相談しなくてごめんな」って…何度も、何度も、繰り返して

その日の朝、練習に寝坊して慌てて大学に行っている途中で兄(先の人とは違う人)から電話でがかかって来ました。

「さつき(犬の名前)がもう、永くないかもしれない。安楽死も考えてるらしい。」

頭が真っ白になって…偶然駅で合った友人が降りた後、泣いてしまって。

大学に着く頃には涙は落ち着いてたけど、正直言うと練習にも全然身が入らなくて……先輩、1時間も遅刻してしまった上に、本当に申し訳ないです。

練習終わってからぶらりと小倉まで行って、意味もなくリバーウォーク散策したり、ゲーセンで時間潰したり、HMVに寄ってコブクロのCD買ったりしながら気を紛らわせたかったけどもスッキリしなくて……だって、2か月前に会った時は元気だったんだもん。

白い毛が増えて来て「お前も婆ちゃんになってきたね」って笑ったら本気で噛み付いて来るぐらい元気良かったから、信じられなかった。


「お手」って言えば、おかわりするし


「お座り」って言うと何故か俺に背中向けるし


♀なのに用をたす時は片足上げるし


元気よく走りまわっていたのに、帰って来た自分見たら「今まで寝てました」みたいなアピールするし


なぜが婆ちゃんの前では芸が達者だし


気を許した相手にはすぐにお腹を見せるような変わった犬だったけど、兄に引き取られてからも大好きだった。
一緒に返って来た時は散歩に連れて行ったりして、それがずっととは言わないけど…続いてほしかった。

こんな急に来るとか思えないし、思いたくもなかった。

晩飯の途中に電話がかかって来て、泣きながら話す兄から安楽死させたって話を聴いて

他人の目も気にせずに泣いたなぁ…何年振りか分からないけど。

既に火葬まで済ませたらしくて…明日か明後日、遺骨を持ってきてくれるそうです。


ぶっちゃけると、まだ受け入れきれてません。

立ち直れてもいません。


かと言ってすぐに立ち直れる気もしません。


結構しんどいです、正直なところ。


月末のサークル旅行までに、少しは立ち直りたいな……。

 
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら